サイエントロジー情報サイト

サイエントロジー東京からの情報提供サイトです。ここで最新の情報をお届けします。

カテゴリ: プレスリリース

プレスリリース
2016年9月4日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイエントロジー、空前の成長を受け、アジア太平洋地域における
全く新しい精神的拠点をオープン(オーストラリア・シドニー)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~アジア太平洋地域に住むサイエントロジストたちの無限の精神的向上を実現する、全く新しいサイエントロジーの上級組織の除幕式が盛大に開催されました~

9月4日(日)、シドニーの中心から10分ほどの距離にありながら、別世界のような100万坪の広大なレーン・コーブ国立公園の中で、サイエントロジー教会の新しい精神的な本拠地の除幕式が行われ、何千人もの観衆が参加しました。
scientology-aosh-anzo-sydney-david-miscavige-ribbon-pull-05C3000

サイエントロジー宗教の教会組織のリーダーであるリリジャス・テクノロジー・センター会長・デービッド・ミスキャベジは、この除幕式で次のように述べました。「今日、私たちはこの除幕式において、他では見られないような歴史的偉業の達成をみています。他のどこにこれと同じくらい壮大なサイエントロジーの上級組織があるでしょうか?地球上の最も人口が多いこのアジア太平洋地域において、永遠の自由を提供できる場所が他にあるでしょうか?はい。それが正に私たちが今日リボン・カットする、ここオーストラリアに竣工された新しい理想の上級組織の教会です!」
scientology-sydney-aosh-anzo-david-miscavige-DSC8546
(日本からも大勢のサイエントロジストが除幕式に参加しました)

今回オーストラリア・シドニーに完成した、もっとも新しく、アメリカ国外で最大の上級組織の教会は、アジア太平洋地域における自由の標識として運命づけられているものです。国立公園の豊かな木々と最高傑作の建築が融合し、カワセミの歌声が日の出から日没まで聴こえる、そんな場所に出現した約1万3千平米の建物は、それ自体がサイエントロジーの精神に意義を与えるものです。
scientology-sydney-aosh-anzo-exterior-aerial-0187

今回のアジア太平洋地域のための理想の上級組織の竣工は、世界中におけるサイエントロジー宗教の記録的拡張の中で起こっています。ミスキャベジ氏のリーダーシップのもと、サイエントロジー教会は6つの大陸に50以上の新しい理想の教会をオープンしています。最近ではニューヨーク州ハーレム、ジョージア州アトランタ、イタリア・ミラノ、日本・東京、ハンガリー・ブダペスト、 コロンビア・ボゴタ、そしてスイスのバーゼルで理想の教会がオープンしています。

また、今年の6月にはカリフォルニア州のハリウッドの中心部に、サイエントロジー・メディア・プロダクションズをオープンしました。これは最新設備を備えたデジタルスタジオであり、テレビやラジオ放送、インターネットやソーシャルメディア、印刷物など、さまざまな媒体を通してサイエントロジー宗教のメッセージを発信していきます。
サイエントロジーでは、今後もニュージーランド、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、北アメリカなど各地で理想の教会をオープニングする予定です。

さらに詳しくは、下記のページをご参照ください。
http://www.scientologynews.org/press-releases/church-openings/grand-opening-advanced-organization-and-saint-hill-anzo.html

お問い合わせ先:
サイエントロジー東京 広報課
E-mail: mail@hubbard.jp
TEL: 03-4578-7584

PDFファイルはこちらからダウンロードできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

プレスリリース
2016年6月1日
サイエントロジー・メディア・プロダクションズが、ハリウッドに最新式スタジオをオープン

scientology-media-productions-opening-wide-ribbon-pull_1S23087

<カリフォルニア州のハリウッドの中心部にスタジオはオープンし、10,000人の観客を招いて式典が開催されました。>

 2016年5月28日に、サイエントロジー教会は、TV・インターネット・印刷物など複数のプラットフォームにまたがるコンテンツを制作するための最新設備を備えたデジタルスタジオを、ハリウッドのサンセット大通りにオープンしました。

scientology-media-productions-opening-david-miscavige_02C169
<スタジオのロゴは、サイエントロジーののシンボルマークの両側に放送波をかたどっています。>

 オープニング式典でスピーチしたリリジャステクノロジーセンター会長・デビッド・ミスキャベッジ氏は、「何十億人もの人へ配信できる純粋なコミュニケーションのラインが作られた」と話し、サイエントロジー・メディア・プロダクションズ(SMP)が世界に向けて、重要でかつ必要不可欠なニュースを配信していくと発表しました。テレビやインターネット、ラジオ、雑誌などの制作も可能で、完全なデジタルメディアを集約したセンターとなると説明しました。このセンターは、もともと1912年に映画の脚本や撮影のために建てられた歴史的な建造物であり、今回のリニューアルにあたり建造時に意図されたローマ・トスカナ式の建築を復元しました。このスタジオは、最新式の音響設備と、調整機器、映像効果、編集、音声の録音とミキシング、外国語への翻訳と複製といった、放送とオンライン配信に必要なあらゆる側面を組み込んでいます。

 また、ハリウッドの映画会社やテレビ番組などとの提携や、募金番組などチャリティを目的としたプロジェクトにも無償で貸し出すなど支援をする予定をしており、ロサンゼルス市FILM&TV(フィルム&テレビ) オフィスの代表やロサンゼルス警察の長も来賓として出席し、感謝の辞を述べた。

smp (1)

さらに詳しくは、下記のページをご参照ください。

問い合わせ先:
サイエントロジー東京 広報課
後藤 E-mail: mail@hubbard.jp TEL: 03-4578-7584

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

プレスリリース
2016年4月25日
国際サイエントロジーボランティアが熊本地震で救援活動を行う

S__19972125
<身体的苦痛を和らげる「アシスト(救助方法)」を提供するボランティア>

 今月14日夜から一連の地震に見舞われた熊本県にて、国際サイエントロジーボランティアが活動を行い、現地で必要とされる物資の仕分けや、御船町などの避難所にて身体的苦痛を和らげる「アシスト」を提供しています。

 国際サイエントロジーボランティアは1970年代半ばに創設され、約1,000もの組織や行政機関と協力して、これまで何百もの災害現場で被災者支援を行ってきた国際的な団体です。日本では、1995年の阪神大震災より本格的に活動を開始し、中越地震や東日本大震災などの被災地で行政機関や団体などともに被災地での活動を行っています。

 災害現場では、ボランティアセンターや行政機関などと連携し、現地で求められている物資の仕分け・配送や需要の調査、子供の精神的ケア、お茶会の提供なども行ってきました。各地の被災地で特に要望が多いのが、アメリカの人道主義者L.ロンハバードによって開発された身体的な苦痛や精神的なストレスを和らげる「アシスト(援助方法)」と呼ぶ技術やコミュニケーションの回復、子育てなどの支援に関する技術の提供です。

 東日本大震災の際も、多くの被災者に対し、支援や技術の提供を行わせていただきました。そして、現在では、熊本大震災に際し、現地のボランティアセンターなどと連携して被災者支援を行い、救援物資の仕分けや、御船町中学校の避難所などで50名以上にアシストを提供し、避難所では「次も来て下さい」という声をいただいています。

国際サイエントロジーボランティアについてのさらなる情報は
http://www.rescue.bz/ 

問い合わせ先:
サイエントロジー東京 広報部
後藤 E-mail: mail@hubbard.jp TEL: 03-4578-7584

PDFダウンロード


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

プレスリリース
2016年3月11日
宗教の自由の画期的な勝利
~ベルギーにおける裁判でサイエントロジー教会に対する根拠のないすべての訴えを却下~

695320f5a73beb7b578520473020

 ブリュッセルの刑事裁判所における第69回公判で、虚偽の申し立てに基づいた、検察官側の訴えを却下しました。裁判所は、断言的、かつ強調して2つのサイエントロジー教会と11人の個々の被告の根本的な人権を支持する一方で、それらに対する全ての告発を却下しました。この画期的な判決は教会とその役員に対する検察による偏見に満ちた告訴を退けるものであり、検察によって取られた調査的活動によって煽られた18年に及ぶ宗教的な差別に、完全な終止符を打つものです。この判決では、証拠が宗教、教会とその信奉者に対する偏った検察の視点を支持しないものと明確にしています。司法と法律の原則がベルギーにおいて勝利しました。

 裁判長イブ・レジモンは、ベルギー当局は不公平にサイエントロジー教会を何年にも渡って迫害してきたとし、「全ての訴訟手続きが深刻で取り返しのつかない公平な裁判の権利に対する違反」と述べました。

 第一審では、多くの国々における司法・行政と同じように、イタリアやイギリス、オーストラリアにおける最高裁と同様の疑う余地のない結論に至りました。それは、サイエントロジーが他の宗教と異なるように扱われるべきではないこと、そしてそれに基づく宗教的な信仰に対する告発は人権の侵害になるというものです。これが判決を促した基調をなす原則であり、この致命的な誤りのある訴訟を持ち込んだ検察によって無視されました。

 サイエントロジー教会は1954年に設立され、180以上の国で何百万人もの会員を擁します。ベルギーでは、1974年に最初に設立され、数多くの社会改革のキャンペーンを援助しています。特に、薬物防止キャンペーン、個人や家族が有益な道徳的価値を向上するためのキャンペーン、精神医学による虐待を終わらせるための活動、人権教育プログラムや読み書き能力を向上するキャンペーンです。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先:
サイエントロジー東京
広報 後藤
TEL: 03-4578-7584
mail@hubbard.jp

PDFダウンロード


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ